バーチャルオフィス利用者のワークスペース・作業スペースはどこ?

公開日:2022/11/15

バーチャルオフィス利用者
バーチャルオフィスを効率的に活用することで、オフィスを構えるのに必要な経費を避け現できます。バーチャルオフィスとは「virtual(バーチャル)」=「仮想の」という意味のため、実際には存在しないスペースをオフィスにすることをバーチャルオフィスというのです。バーチャルオフィス利用者のワークスペースについて解説します。

バーチャルオフィス利用者はどこで作業をしているのか

近年、働き方が多様化しつつあり、コワーキングスペースやバーチャルオフィスの需要が拡大しています。しかし、それぞれの言葉の意味の違いを説明するとなると、むずかしく感じる方もいるでしょう。

バーチャルオフィスの「virtual(バーチャル)」とは「仮想」という意味に訳されます。そのため「仮想の職場」を「バーチャルオフィス」と呼ぶのです。仮想の職場といわれてもピンとこないかもしれませんが、バーチャルオフィスには仕事をするスペースがありません。

しかし、会社を持つとなると、会社用の住所や電話番号、法人登記が必要になるため、会社用の住所を持つという意味合いでバーチャルオフィスが利用されるのです。

ただし、バーチャルオフィスには仕事や作業をするスペースがないため、利用者は基本的に自宅で作業を行うケースが多いです。ときには喫茶点やファミリーレストランを利用するケースがあるかもしれませんが、毎日長時間作業するのはむずかしいでしょう。

自宅を仕事場にすると、静かで集中できることに加え、ハイスペックなパソコン・周辺機器を取り揃えられます。また、バーチャルオフィスは作業スペースがないため、毎月の利用料金が安く抑えられるのも魅力のひとつです。

最初はバーチャルオフィスを借りてひとりまたは少人数で事業を開始し、事業規模が大きくなるにつれてオフィスを構えるパターンも珍しくありません。

コワーキングスペースを利用するメリットとは

バーチャルオフィスを利用すると、リーズナブルな月額費用で会社用の住所を持てますが、作業スペースがないと不便に感じる方もいるでしょう。自宅だとどうしても集中できない、小さなお子さんやペットがいて、仕事しにくい環境にあるなどさまざまな理由が考えられます。

その場合、自宅外に作業スペースを確保しなければなりません。毎日喫茶店やファミリーレストランで長時間作業するのはむずかしいため、コワーキングスペースを利用するのがおすすめです。

コワーキングスペースとは、共同利用できる仕事スペースを指します。契約者しか利用できない仕組みになっているため、席が確保できるかどうか不安に感じる必要もありません。

基本的にWi-Fiや電源プラグが完備されており、場所によってはフリードリンクが設置されているところもあります。コワーキングスペースは喫茶店やファミリーレストランとは異なり、仕事場として空間が作られているの特徴です。

周囲の人も仕事をしに来ているので長時間作業でストレスに感じることもないでしょう。基本的には月額費用を支払って利用する仕組みですが、平日のみの利用プランやいつでも時間制限なく利用できるプランなど、場所によってさまざまです。

自分のライフスタイルを照らし合わせ、自分に合う環境や料金プランのコワーキングスペースを見つけるようにしましょう。

ドロップインを活用できるオフィスもある

月額料金を支払って使用するのが基本のコワーキングスペースですが、ドロップイン活用できる場所もあります。ドロップインとは1日だけの利用を指し、予約なしで窓口に行って入室できます。

時間制のところや時間無制限で入室できるところがあり、作業したい時間によって適した場所を選びましょう。料金は1日2,000円程度が相場となっています。

ドロップインのスペースは、出張先で空き時間ができたり、突然子どもの学校が休みになって自宅で仕事しにくくなったりしたときに利用されるケースが多い傾向にあります。

基本的には家や会社で仕事をしているという方は、月額費用のスペースを契約してしまうとほとんど利用せずに経費が無駄になってしまうケースもあるでしょう。

そのような場合は月契約よりも利用する度に料金を支払う方がお得になることもあるのです。自分のワークスタイルを考慮し、無駄なく、集中して仕事ができる環境を探しましょう。

まとめ

従来は会社に行って仕事をするのが当たり前だと考えられていましたが、最近では場所をとらわれず仕事をする方が増えています。

そこでバーチャルオフィスやコワーキングスペースの需要が高まっているのです。それぞれに細かな違いはありますが、大きく異なるポイントは仕事スペースがあるかどうかでしょう。

自宅で集中して仕事ができ、会社用の住所だけが必要な場合はバーチャルオフィスがおすすめです。自分のワークスタイルや毎月かかる費用を考え、適した職場環境を見つけるようにしましょう。

 

【東京】おすすめのバーチャルオフィス5選

イメージ1
2
3
4
5
会社名クロスポイントナレッジソサエティレゾナンススタートアップサーブコープ
特徴信頼性と安心感のあるオフィスを提供!ビジネスに欠かせない人脈の紹介も可能気分で環境を変えられるオフィスが魅力!起業家を応援するサポートが人気業界最安値に挑戦!さまざまな働き人をオフィスで支えるサポートと特典業界最安値のバーチャルオフィス!利用者の状況によってプランの変更も可能バイリンガルの受付担当が専属で応対!世界を視野に入れたサポートも充実
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【東京】おすすめのバーチャルオフィスランキング!
記事一覧